NYAOS.ORG

Nihongo Yet Another {OS/2|OSes|Open|GOing} Shell's support site

FrontPage.ja

NYAOS とは、Windows,OS/2等で稼働する、 UNIXライクな日本語拡張コマンドラインシェルです。
  • UNIX ライクな行編集・ヒストリ機能
  • オープンソースソフトウェア(1~3 はGNU General Public License、4==NYAGOS は BSD License)
  • 内蔵カラー ls
  • エイリアス・関数
  • キー割当てのカスタマイズ
  • ファイル名補完

NYAOS 4.x = NYAGOS (Nihongo Yet Another GOing Shell)

nyagosico.png Go言語 + Lua言語を使って、スクラッチから開発し直したものです。 Unicode に対応しており、現在のコードページ以外の文字も使用可能となりました。 https://github.com/zetamatta/nyagos/ にて公開中

NYAOS 3.x

luacat.PNG NYAOS 3.0 - Nihongo Yet Another Open Shell 3.x は、 NYAOS 2.x シリーズの後継バージョンです。

  • Lua により、シェルの隅々までカスタマイズ可能
  • 一部(バッチファイル・copy などの内蔵コマンド呼び出し)を除き、CMD.EXE 無しで動作
  • DOS や Windows9x 系列はサポート対象外となりました。
  • 3つに分かれていた名称(NYACUS/NYAOS 2/NYADOS)を「NYAOS」に統一しました。
    • NYACUS ⇒ NYAOS for Windows と読み替えてください。

NYAOS 2.x ( 英語 | 日本語 )

NYAOS 2.x は、3-OS:DOS,Windows,OS/2 をサポートするために一から再開発されました。

  • greencat.PNG NYADOS - DOS,Windows9x用
  • redcat.PNG NYACUS - Windows2000,XP用
  • nyaos2ico.PNG NYAOS/2 - OS/2用

当バージョンでは #!(シェバング)や REXX のサポートは無くなりました。

NYAOS 1.x ( 英語 | 日本語)

NYAOS は OS/2 の環境に優しい UNIX ライクなシェルとして産まれました。

  • IBM OS/2 2.11以降対応 (ただし、テストは Warp 4 のみ)
  • tcsh/wordstar ライクで、カスタマイズ可能な行編集機能
  • UNIX のように「#!」を認識。バッチファイルや REXX も実行可能
  • コマンドラインから、ワークプレースシェル上でファイルやディレクトリを OPEN することが可能
  • DBCS 対応
  • 要emx 0.9d 以降

nyaosbnr.png